それぞれに意味があるモチーフや絵柄をご紹介いたします

モチーフ

KaiLa(カイラー)/Kaiocean(カイオーシャン)/Kai(カイ)

※ブランドオリジナル※

海そのものを表現したThe one OCEAN JEWELRYの哲学を象徴するモチーフです

中央線を境に空と海を表しています
ハワイ語で海を意味する「Kai」をネーミングに用いました

海は不思議です

何もないのになぜか皆恋をします

それは「海を感じる」事がプラスに働き、結果的にStay Goldな人生に繋がるからかもしれません

海に言葉はありませんが、色々な事を教えてくれる源であり、師であり、安らぎです

“Stay Ocean. Stay Gold.”

Nalu(ナル)

※ブランドオリジナル※

自然が作り出す壮大な波に敬意を表した、「挑戦」や「乗り越える」を象徴するモチーフです

同じものや途切れることがない波は「その瞬間を掴む」「唯一」「永遠」「度々訪れる幸せ」といった意味も持ちます

波のうねりや水しぶきを曲線で表現した当モチーフ以外にも、マイレを包み込むように彫刻した独自デザインに加え、頭の部分が円いハワイアン彫刻の伝統的な「スクロール」デザインがあります

Maile(マイレ)

ハワイの固有植物である蔓性のマイレの葉
蔓が絡まりながら成長していく様から「成長」「絆」「結びつき」という意味に加え、「平和」という意味も持ちます

また、アイテムに用いている彫刻の基礎となるのはこのマイレです
一見シンプルなデザインに見えますが、あらゆるデザインで共通する刃の入れ方が凝縮されています

綺麗なマイレを彫るために尽くした日々
そんな「初心」と「想い出」の象徴としても重宝しています

Honu(ホヌ)

ハワイでは「幸運を運ぶ海の守り神」として多くの人に親しまれています

ホヌは別名「アウマクア」と言い、ハワイの動植物に姿を変えて大切な存在を危険や災いから守っている神様やご先祖様と信じられていることから、お守りのモチーフとしても人気があります

Plumeria(プルメリア)

ハワイに咲き誇るプルメリアの花弁には「ALOHA」を構成する5つの意味、Akahai(優しさ・思いやり)・Lokahi(協調性)・’Olu’olu(喜び)・Ha’aha’a(謙虚・素直さ)・Ahonui(忍耐)が込められていると言われています

これらを「一つ」にすることがバランスと充実へつながることを教えてくれる素敵なモチーフです

またプルメリアは「大切な存在の幸せを願う」や「陽だまり」「魅力を引き出す」といった意味も持っています
身につけると幸せになるという事から自分やかけがえのない存在へのお守りとしても愛されています

Shell(シェル)

「才能開花」や「繁栄」という意味に加え、海を感じる象徴として重宝しています

世界最古の宝飾品と言われているシェル

ロマンが詰まったモチーフです

Hawaiian flower(ハワイアンフラワー)

ハワイの州花であるハイビスカスがもとになっているモチーフ

夜明けと共に咲き、一日でしぼんで次の日にはまた花を咲かせる一日花であることから「力(生命力)」や「新たな一歩」を象徴しています

「明るい未来」「希望」「信頼」といった意味も持つ、ハワイでは欠かせないモチーフです

Hibiscus(ハイビスカス)

ハイビスカスそのものを忠実に再現したモチーフ

絵柄

Heritage(ヘリテージ)

「唯一無二・永遠」

ハワイアンフラワー、スクロール、マイレがバランスよく配置された不変的価値を象徴するデザイン

スクロールをナルに変更したものはブランドオリジナルバージョンです

Queen Maile(クイーンマイレ)(左)/Royal Maile(ロイヤルマイレ)(右)

「成長・絆・初心」

ハワイの神聖な行事などで用いられるハワイの固有植物である蔓性の低木がイメージのデザイン

葉脈が美しいクイーンマイレと凹凸の迫力溢れるロイヤルマイレを展開しています