「オーシャンジュエリー」誕生の話

今日はThe one OCEAN JEWELRYという存在そのものを作るキッカケとなったお話です。

「タイプじゃないの」

あるとき知り合った方と話していた時の事です。

その方は40代後半の渋い男性サーファーで湘南に住んでいました。

仕事の話になり、当時私が主に彫刻していたハワイアンジュエリーというものも知っている(実際に昔愛用していた)との事だったので「現在の年齢で(ハワイアンジュエリーは)どうですか?」と聞いてみたところ「今は好みのタイプがちょっと違うからなぁ」と。
どんなタイプが好みかと聞いてみたら「ネイティブアメリカンジュエリー(所謂「ネイティブ系」)なんかは結構いい。実際にいくつか持っている。」と。

Heart break。撃沈です。

フラレタヨ

イメチェンシヨウ


ホトトギス

変身

確かにハワイアンジュエリーの需要は女性が圧倒的という点は作り手として理解していたし、本来の伝統的慣習からしてもそれは必然です。

一方で、ハワイアンジュエリーは

・デザインに柔軟性を持たせることが可能(実際に「明確な定義」というものが存在しない)
・昨今ではハワイの老舗ブランドでもメンズ向けのコレクションがある
・本質は男性にも十分共感いただけそう

こういった点があるにも関わらず男性からの支持が極めて少ないというのは純粋に切なく、更には大人の海の男が選んだのは「陸(ネイティブ)系」という「フラれた」事実はずっしりと堪えました。

どうすればその本質と価値がもっと受け入れられるのか。

海を愛する方々の新たな選択肢を追求しようと決意したのはその時です。

オーシャンジュエリー

ハワイアンジュエリー自体は既に世間的なイメージ(所謂「既成概念」)が存在するため、同様の路線では無意味なことはぼんやりと感じていました。
一方でハワイアンジュエリーが持つ「モチーフや絵柄には意味がある」「それ自体が伝統の手彫り彫刻技法」といった美しい本質は守りたいとの考えもありました。

コンセプトや雰囲気など、最初の段階から躓きそうになっていた時にふと「ネイティブ系」という言葉が改めて脳裏を過りました。

所謂ネイティブアメリカン関連のファッションや物を表す言い方で、ネイティブアメリカンの伝統的な装身具(俗にいう「インディアンジュエリー」)も「ネイティブ系ジュエリー・アクセサリー」などと呼ばれています。

その時、自分が作りたいのはまさにこの海バージョン「OCEAN JEWELRY」という新たなジャンルだと稲妻が走ったのを覚えています。

ハワイの伝統をインスピレーションとした「海」で瞬時にイメージいただける「海を感じる」アイテムを作りたい。

その後試作やオリジナルデザイン考案などの試行錯誤を繰り返しているうちに「自分の海を作る※」というアイテムのコアコンセプトが決まり、段々現在の形になってきたという流れです。

※「モチーフや絵柄にはそれぞれ意味がある」といったハワイアンジュエリーの本質を用いた海、波、葉、花といったデザインのアイテムを組み合わせ、「自分の海」を作ることが可能なラインナップを展開しています。

Stay Ocean. Stay Gold.

The one OCEAN JEWELRYのコンセプトです。

海は不思議です。

何もないのになぜか皆恋をします。

それは「海を感じる」事がプラスに働き、結果的にStay Goldな人生に繋がるからかもしれません。

「Stay Ocean. Stay Gold.」はこの考えを独自の造語にしたフレーズです。

「海」を常に感じることができる、海を愛する方の新たな選択肢。
ハワイアンでもネイティブでもない、「オーシャンジュエリー」という新たなジャンルを創造するのがThe one OCEAN JEWELRYの使命です。

少々ボリュームのある内容になってしまいましたが、ここまでがオーシャンジュエリー誕生の話です。

まだまだ制作が追い付いていないアイテムも多数ありますが、一歩ずつ足は止めずに作り続けたいと思いますので気が向いたときにでもまた覗いていただければ嬉しく思います。